抗がん剤治療中の食事の支度

最終更新: 2019年12月20日


  治療中で体が怠すぎて大変なのに、ご飯を自分で作らなければならない皆さま!


私は、治療中(術後や、抗がん剤治療、放射線治療)だけれども比較的体調がいい日に、とにかく野菜を全部切り刻んで冷凍して準備していました。あとは焼くだけ、煮るだけ、ただそれだけにしておきました。


この写真は、ネギや、にんにく、生姜のみじん切りで、刺激物ですので、口腔内が荒れている時期にはピリピリしびれるので、例としては、あまりよろしくないですが、


食べられる野菜類は、できる日にとにかく一気に何種類も全てを切り刻んで、冷凍しておきました。白菜、キャベツ、しいたけ類、人参、サケ、鶏肉、などなど。


味噌汁でもなんでも、その日に食べる分だけ冷凍庫からとり出して、鍋に入れて味噌とだしを入れて煮込んで終わり。ご飯も冷凍しておいて、胃腸や口の中が荒れている時には、煮込んでやわらかくして。揚げ物は、ほとんど食べませんでした。刺激が少ないフルーツをよく食べました。


ホルモン療法中でしたら、刺激物は食べられますが、工夫して調理するのはきっと同じです。


少しでも楽に、たのしく、美味しく、乗り切ってくださいね。


そんなお話も、乳ガン手術前写真撮影スタジオではできますよ。


▼ブレストキャンサーポートレート▼


詳細やご予約ホームページ

https://breastcancerportrait.com/


お電話でもご予約や相談を受付しております。

080−2105−5553


#乳がん

#乳癌

#乳ガン

#ブレストキャンサーポートレート

#乳がん手術前の胸の写真撮影

#乳がん手術前の記念の撮影

#乳がんフォトスタジオ

#乳がん手術前に自分の胸ありのままを写真に


  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
​東京都 港区白金台
​電話 03-6778-0850
info@breastcancerportrait.com